ピアノが脳に良いといわれる理由

ピアノを弾く時、

 


 

 

 

 

 

 

事によって、脳機能をまんべんなく育て”地頭”を良くするとのこと。

 

 

「ピアノを演奏する」という行為は脳科学的には以下の4つの動作を瞬間的に連続して行っているとのこと。

 

 

1、楽譜を目で見て

2、脳がその情報を理解して身体各部に指令を出し

3、指をコントロールしてピアノを弾き

4、イメージ通りの音になっているか耳で確かめつつ、目は次の音符を追いかける

 

 

これは、いわゆる脳トレーニングを行っているのと同じなのだそう。

ピアノの上手な子の脳はワーキングメモリーと呼ばれている能力が発達し、演奏時に両手をコントロールするので脳全体が活性化すると言われています。

♪指を動かす

 

♪先を読む

 

♪暗譜する